名前もユニークなトマト銀行

トマト銀行でお金を殖やす

銀行の役割の中で積極的に利用をすすめたいのが「お金を殖やす」ことです。トマト銀行にもこれに関する充実したサービスがたくさんあります。

まずは定期預金でしょう。トマト銀行の定期預金の金利は、全国でもトップレベルの高金利です。これは、基本的には「お金を貯める」ということになりますが、手元にプールしてあるお金の金額や用途や時期等の要素をきちんと把握して、定期預金の種類をきちんと選ぶことによって、立派に「お金を殖やす」という機能も得ることができます。元本割れのリスクもありません。

そして、まとまった額のお金を元手として、単なる預金よりは積極的に殖やそうとする外貨預金や投資信託、国債購入などについてもトマト銀行で行うことができます。一見預金から離れているように見えますが、これらは、貯金としてプールしてあるお金の、プールの方法を変えることで利益を追求するものなので、預金の要素は少なからずあります。一般的な預金との最も大きな違いは、元本割れのリスクがあるということです。だからこそ、殖やす目的で預け入れるお金は、元本割れしても家計等に打撃が少ないものである必要があります。

トマト銀行が提供するものの中で得に元本割れのリスクがあるのは外貨預金です。これは、外国為替取引というものの特徴であり、為替市場の傾向として、最近は少し変化があるにしても、全体的にはまだまだあらゆる通過に円高の傾向が根強いので、日本に住む私たちにはリスクが高いばかりで利益を得にくいのがこの外貨預金です。

投資信託についても元本割れのリスクは否めません。投資方法として、株式や国債への投資を組み合わせたもので、このどれも、損が出てしまう可能性が常にあるからです。このリスクを少しでも軽減しようというのが、トマト銀行のデュアルプランです。これは普通の円定期預金と、投資信託を組み合わせたものです。

手元にあるお金の性質を見極めて、余剰にプールしてあるお金がある場合は、銀行を上手に利用して積極的にお金を殖やすことに挑戦することをおすすめします。